ねこのリュカ

初めてでわからないことだらけ!猫との暮らしかた(ノФωФ)ノ

僕の寝技 片手出し編

ぶっといんだな〜。このオテテ。

f:id:klycka:20170630083817j:plain


右手バージョン。

f:id:klycka:20170630083953j:plain


別名、すべり落ち寝。

f:id:klycka:20170630084414j:plain


ぬ!?

これは、手出し編と腹出し編の寝技ミックス!


f:id:klycka:20170630084220j:plain


腹出し編は、編集中です。








クラウスくんトライアル決定おめでとう!

リュカくんの兄弟で、ネコリパブリックにいっしょに入国していたクラウスくん、

トライアル決定おめでとう!

クラウスくんの幸せを祈っています (=^・^=)☆

https://mobile.twitter.com/Neco_Ikebukuro/status/879844311411589120

 

f:id:klycka:20170629065658j:image

耳掃除

リュカくん、やたらと耳を痒がって、後ろ足で耳をかくようになりまして。

わりと頻繁に頭をブルブルっと振るようになりました。犬が水に濡れた時に水滴を飛ばすみたいに。
耳の中をのぞいてみると、黒い耳垢が結構溜まってる  ฅ(=・ω・=)ฅ
そこで、耳掃除用のウェットタオルみたいなやつで拭きとってあげてました
 
しかし!
ググってみたら、
「ネコが頭を頻繁に振るのは異常」
「耳ダニが繁殖している可能性がある」
「最悪の場合、脳をやられてしまう」
などなど、こわいことがたくさん書いてあるじゃないですか。
これはもっと本格的な耳掃除をしてあげなければ!
 
というわけで、Amazonで調べて耳掃除用の消毒液を調達。
 
用法を読んでみると
「耳の中に溢れるくらい入れた状態でよく揉む」?
むむぅ。ちゃんとできる気がしない…
 
案の定、ちょっと耳に入れるだけで頭を振って逃げちゃうので、そもそもこの液体を溢れるほど入れる  ていうのが無理ゲー。
 
というわけで、このやり方は諦めていたんですが、先日の猫まみれセミナーでやり方を教わったので、あらためてチャレンジしてみます。
ちゃんとできるようになるには、しばらく時間がかかるかもですが、乞うご期待 てことで。^ↀᴥↀ^

f:id:klycka:20170628232236j:plain

パソコン仕事のジャマが得意になってきたニャー

ねこまみれセミナー@ネコリパブリック池袋店

いってきました。ねこまみれセミナー@ネコリパブリック池袋店

今月のテーマは

「おうちでできる、猫ちゃんのお手入れと健康チェック」!

講師は谷口史奈先生。

猫の診察室モモの院長先生です。

 http://momoneco.com/


爪切り、歯みがき、耳掃除、などなど

猫ちゃんの日常ケアの方法を丁寧に教えていただけました。ありがとうございました😊

 

ネコリパ池袋のネコちゃんたちの協力で、参加者みんなで実践しながらの、充実&ネコまみれなセミナーでした!

 

ヨウくん、マロンちゃん、クラウスくん、の3びきが特にたくさん協力してくれました。

ネコリパ池袋に行けばこの子たちにも会えますよ〜

 

リュカくんは、ハミガキとか耳掃除は、すごく嫌がってなかなか上手くできないので…

少しずつ実践していきたいと思います ^ↀᴥↀ^


待っててね〜。ふっふっ。


f:id:klycka:20170624113551j:plain

 

抱っこは嫌い。でも乗るの。

最初からおトイレもちゃんと済ませるリュカくんだったが、

来た次の日はもちろん落ち着かない。

 

ママさんも、落ち着かないリュカくんにおろおろ。

「お水?」「毛布やだ?」「車が通った音だよ」

そして、ちょっとママさんが離れると「にゃーー!」。

 

おろおろする者同士の落とし所は、抱っこだった。

がしっとつかまれて、こんなんで落ち着かれちゃったらさ、

もう、一日中こうしてあげたいと思った。

 

f:id:klycka:20170623124258j:plain

でも、こんな風ながっつり抱っこはこの時だけ〜(いい思い出)。

 

抱っこは嫌いと聞いてたけれど、その後・・・

 

f:id:klycka:20170623125242j:plain

乗る

f:id:klycka:20170623130253j:plain

乗る

f:id:klycka:20170623125253j:plain

乗る

f:id:klycka:20170623125449j:plain

乗る

f:id:klycka:20170623125648j:plain

乗る

f:id:klycka:20170623125917j:plain

乗る

f:id:klycka:20170619231943j:plain

乗る?

いやーー!乗らないでーーー!

 

大きな体。はみ出しながら乗ってます。

 

犬派のママさん猫に会う

猫カフェに行こう!」

 

今年のゴールデンウィークにパパさんが言った。

 

ママさんは、犬派の柴犬派で、猫には興味がなく、

猫のいる友人宅に遊びに行っても、特にかわいいと思うこともなかった。

けれど、普段あまり「こうしよう!」と言わないパパさんの誘い言葉にママさんは、

「お、おう!」

とお返事した。

 

行った先は、秋葉原猫カフェ(笑)。

外国のお客さんも多く、名前のあるような種類の立派な猫ちゃんばかり。

嬉しそうに猫の動きを見守るパパさんとはうらはらに、

やっぱり、ママさんは特にズキュンとくる訳でもなく、帰ってきた。

 

「保護猫カフェに行こう!」

 

ゴールデンウィーク後半にパパさんからのまたの提案。

今度は、下のお兄ちゃん(小5)を携えて3人でいってみた。

カフェ入店の最初のアンケートで「里親になりたい」にするっと◯をするパパさん。

なんとも、現実感のないママさん。

 

甘えん坊の下のお兄ちゃんは、絶対犬派だと思われていたのだけれど、

意外にも甘えてくる子より、威嚇をしてくる猫ちゃんに興味をもっていた。

「ママ、ママ!あの子、っパーーーっ!!って言うんだよ」

と真似まで上手。

 

なんだか、取り残された気分のママさん。

あれよあれよと話は進み、「これは現実なのか!?猫を飼うのか!?」

と戸惑いながらも、いつも出迎えてくれる大きな甘えん坊の茶トラ猫ちゃんを引き取ることに・・・・

 

・・・・と思いきや、

そのトラ猫ちゃんはまだ安定しておらず、もう少し様子を見たいということで、

保護主さんとカフェスタッフの方々の進言もあり、

いつも高いところでじっとしていた、その兄弟猫ちゃんが来ることになった。

 

(全然、馴染みのない子が来ちゃうんだ・・・)

 

パパさんは張り切って、キャットタワーを設置したり、

網戸を猫仕様のものに張り替えたりし、

ママさんは、雑然混沌とした家の中を「クリア」にするのに必死だった。

すんなり移行できるように、保護猫カフェで使われてるグッズもそろえた。

なんだか、ママさんは出産前みたいに心配が絶えず、落ち着かない。

 

トライアルが始まる当日は、上のお兄ちゃん(高2)も揃って全員でお出迎えした。

最初は怯えちゃうかと思いきや、ナデナデされたら甘えてごろんして「にゃーー」。

ちょっとホッとした。

 

リュカくん。4歳、大きな体の茶トラ保護猫ちゃん。

縁あって、家族だね。

f:id:klycka:20170623123029j:plain

f:id:klycka:20170623123033j:plain